アルバロ・セリが自身について語る

ファーストベット
05/07/1968 - 05/07/2018
仕事の50日
肉屋としての7
参照されたレストラン経営者として43
料理人として30。
何よりも、台所は美しい愛です。

中学校を卒業した最初の学校は、Melzoにありました。今それらの間で私達は医者、心理学者、工場長および高レベルのビジネスコンサルタントを持っていますそして.........
私たちは最近再び会った、私たちはまだ月が経ったように縛られています。

セカンドポイント
Melzoフードスクールに残っているものは何ですか?知識に対するほとんど飽くことのない飢餓。当時の学校では、教室での時間に加えて、過去にガルバニのソーセージ工場やミラノのスーパーマーケットの屠殺場に一日も含まれていました。私は図書館のDell大学、獣医学科で過ごし、化学や動物生理学の本を買い、読んで読み、学校のプログラムを深めようとしました。知識へのこの飢餓はまだ私を伴います。
サードベット
Melzoスクールは、卒業証書の同じ日にすべての生徒を雇用しました。その間、月に6万3千人のタイヤがたくさんいました。
肉屋であることには2つの大きな利点があります。1つ目は給料、2つ目は仕事が厳密に手作業であることです。これは私が私の人生の中で最も要求の厳しいと考える挑戦に直面することを可能にしました。私は科学の高校をやりたいと思っていましたそして私はCaliniを卒業したいと思いましたそして私はすぐにそれをやりたかったです。最初の問題:夕方の高校はないので、私はそれを発明しなければなりません。私が一人で勉強している科目もあれば、プライベートレッスンを受けている科目もあります。私は3年間少なくとも1日8-10時間勉強しました、そして3年後に私は卒業試験にどの私立学校にも紹介されていない自分自身を紹介します:それは1971年でした。

フォーベット
5年間で3年間を話すのは簡単ではないので、3年間という意味です。
  • 友達と一度も出かけないでください。
  • プロジェクトの成功を疑うこと
  • つまり、あなたの家では、大晦日、あなたの兄弟、そして友人たちが祝い、あなたが聞こえないように寝室のドアを隔離し、あなたが勉強しているということです。
しかし、それが犠牲であるとは思わないでください。私は郷愁も他に何も持っていませんでした、私はそれをした、そして私はそれをするのが好きでした。

フィフスポイント
私のための最終試験はこのようなものでした:私は他のすべての人と書いて、それから実際の試験を受ける前に、私は過年度の間すべての科目の予備試験を受けました。これは私が口頭テストにアクセスすることを可能にしました。土曜日の非常に暑い夜の終わりに、私がスーパーマーケットを出てバスに行く間に、私は数学の授業をしていた教授に会いました。 「 - 私の娘の誕生だけが私にもっと強い感情を与えた。非常に高いピークを登るような特別な仕事。
ブレシアからカステネードロへ行くバスは通常の30分はかかりませんでしたが、私にとっては5/10時間でした。

第六のポイント
自分が成長したときに何をするかを決める時が来ました。自分の好きなことに対する私の傾向を知っていました。芸術、芸術、芸術が私の将来であるべきだと感じたのです。数学;明らかに矛盾しているのは、私が数学者ではないことを非常によく知っていたからで、数学がとても好きだったことだけです。絵画私は私がいつもそれをするだろうということを知っていました、しかしあなたがそれを勉強しないならばあなたはそれを学ぶことは決してないので、私はしました。
....私の芸術の愛に関連する物語
当時私は女の子に襲われ、打たれ、圧倒されていましたが、彼女の前では私はぎこちなく不器用で彼女のために切望し続けました、しかし私が言うことができなかったまたは言うことさえできなかったいくつかの抱擁を除き。私は若い男の家がフィレンツェへの旅行を組織していることを発見したので、私も行きます。教会と洗礼堂の前でバスが停車するのは初めてですが、私は魅了されたままです。 50人の少年が一緒に笑いながら冗談を言って一日を過ごし、私は一人でフィレンツェを一日中見て永遠に少女を失うことになり、芸術は勝ちました。
これが私の「狂気」です!

そして、あなたが来た...ミルト
大学の1年目、豪華で権威のあるAugustusレストランの学生食堂。テーブルで友人が私にこの女の子を紹介しています。これは奇妙な、ほぼ男性的な名前ですが、非常に興味深い細かい外観とは対照的です。
彼はウェイターと一緒にそれを取っていました、そしてそれは彼をすぐに彼の性格を示して、その時に彼を落とすために皿の列を持って来たウェイターに望みました。彼の料理 " - これはすぐに起こりました。
私はそれをすべて見ました:女らしさ、強さ、決心、そして暗黙の、しかし非常に明白で、たとえ非常にベールされていたとしても、性的罪状。やりました!


セブンベット
3年後、私の父と私の兄が素晴らしい考えを持つまで、他の何千ものような注目すべき勉強試験はありませんでした。
彼らは - "我々はレストランを開き、肉屋であるあなたは私たちを助けてくれる"
私 - 「本当にあなたが知っているように私は卒業したいです」
彼らは - "あなたはパートタイムのコミットメントになります"
私 - 「それでいいよ」
しかし、私も兵役をしなければならないので、私は去り、私が弟を取り戻すと引退します。
私なしでは続けることができなかった両親を放棄することはできませんでした。だから試験は行われていないか間違っている。レストランは毎週末に600/700人の人々をやった。突然のお金の供給は不快感を補うものではありませんでした。
5年間、私はピアノを勉強しました。それは私がとても好きで、不快感を補うために、キッチンに入るまで、そしてすべてが変わりました。

エイトポイント
高校時代から私が父親になるまで、つまり少なくとも12年間は、色は私の中で消えたようです。私は長い間、一緒に絵を描くためにエンツォ・ガジック、アントニオ・パドゥーラ、そしてマウリツィオ・マルガローリのスタジオにいたことを覚えています。私は何もできずにキャンバスの前に色と筆をもってそこに立っていた、私はその原因が何であるかわからないが、そうだった。
私が父親になることを知ったとき、すべてが変わりました。私は娘の部屋の壁全体に3つの壁を塗ったが、ほぼ魔法のように色が戻ってきた。

第九ポイント
「絵と料理は似ている」と多くの人が言いますが、ファッションやジャーナリストや査読者を喜ばせたいという欲求に惑わされていないのであれば、自分が何であるかを言う可能性があります。それが成功につながるかどうかにかかわらず、あなたは非常に大きな喜びを経験することができます。あなただけの親密な喜びを試してみてください。そしてもし偶然にあなたがまた理解されるならば、あなたの人生は理にかなっているでしょう。これが私の活動の仕方です

10ベット
私の考えでは、人生を想像するには2つの方法しかありません。1つ目は意識の方法です。それから、日常生活全体:物事、金銭、債務、そしてクレジットの価値は、まったく異なる価値を獲得します。
第二の方法の私はそれについて次のエピソードで話す

ELEVENTH EPISODE
それは精神的な自画像であり、10話にリンクされています。
私たちの世界を理解するための2番目の方法は、信仰の方法です。それが何であれ、宗教的、哲学的なものです。もちろんすべてが明確で、何よりももちろんです。残念ながら、または幸いなことに、私にとっては日常生活の中ではそうではなく、常に私が10番目に話した空間と時間の次元を認識しています可能性のある仕事、絵画、そしてその精神的な自画像の中で私がそこに表現しているすべてのもの。

第12話
私の父の交代以来、Maurizio Gambarriはフランスに行きたくないので、そこで私は彼をインターンシップのために送りたいのですが、私は行くことにしました。それで私は40歳の柔らかい年齢で料理人の料理人になった。私が高校時代に学んだときに学んだ方法は、台所でそれを適用し、多くの研究と実験を重ねたもので、Bocuseによる2倍の量でした。台所で1ヵ月後、Vizzariが到着し、わずか12カ月後にわずか20才、そしてブレシアとその地方の驚くべき最高のBESTと共に20才になります。私はそのタイトルをVizzari博士に感謝しました。

第13ステージ
私があなたに言ったように、台所への入り口はレストランLa Casa di Bedizzoleの冒険の始まりを示します。それらは並外れた年でした、毎日進歩し、毎日刺激的な経験。突然、未知の事業者(妻のMirtoと私)から、私たちは報道関係者や専門家から好奇心と関心の対象となりました。私はMauro PisciniからMeteへの参加を頼まれました。私にとっては非常に名誉なことです。グループのレストランは、ミラモンティ・ラルトロ、イル・ガンベーロ、レスプラネード、マスケア、ラ・ピアツェッタ、イル・レオン・ドーロ、ラ・カーサ、イル・カプリッチョ、イル・フィオルダリソ……。
QUATTORDICESIMA PUNTATA
Uno dei piatti che mi hanno consentito di fare quel salto qualitativo è stato sicuramente Tortelli di pernice con salsa al tartufo
Ecco la ricetta
Ripieno :6 persone.
2 pernici pulite ed eviscerate
10 di carne bianca (pollo maiale).
1 bottiglia di vino rosso non troppo giovane, rosmarino, aglio, 2 spicchi, 2 carote, 2 coste di sedano, 1 cipolla media, 5 bacche di ginepro, 5 chiodi di garofano, sale, pepe, olio evo, pan grattato, parmigiano grattugiato, brodo di carne q.b.
Disossare le pernici tritare le due carni con tutte le verdure ed il fondo di cottura filtrato aggiungere il pane ed il formaggio terminare con il brodo.
SALSA: burro al tartufo bianco parmigiano, timo fresco Procedimento preparare dei ravioli con pasta fatta con 400 di farina e 4 uova. Cuocere i ravioli e metterli in un sauté con il burro, importante che sia freddo, versare i ravioli e saltare il tutto aggiungendo del parmigiano in modo che il tutto risulti legato. Se avrete la possibilità una grattata di tartufo bianco sarebbe il massimo, ma non indispensabile.

QUINDICESIMA PUNTATA
Mi piace parlare di cucina e poi della mia storia e poi di pittura sono solo sorpreso che questo possa interessare a qualcuno.
Un amico un giorno mentre si chiacchierava mi dice" dovresti scriverle queste cose " e quindi ecco qua. Con questo quadro ho voluto rappresentare tutto quello che sono e che amo progetto ambizioso forse un quadro non basta. le dimensioni del quadro sono 1,20 m per 70 cm c'è quasi tutto di me

SEDICESIMA PUNTATA
Io non faccio ritratti,
Sono partecipe, quasi mio malgrado, di un miracolo;
Il miracolo è che questi uomini e donne vengono da me.
La mia mano li porta,
La mia mano, come se fosse separata da me,
La mente non partecipa,
È solo testimone,
Un testimone, ogni volta sorpreso.
Sorpreso del fatto che LUI sia venuto da me,
Che LUI mi guardi
E dica
Eccomi
Sono qui

DICIASETTESIMA PUNTATA
Questo è un particolare del mio quadro che definisco autoritratto,
quello in basso sono io pur non essendo io.
Negli anni cinquanta eravamo ,noi delle case popolari, meglio dette CASE FANFANI eravamo tutti nella stessa fiorente situazione finanziaria ,poveri.
Potremmo dire poveri ma felici ed in parte è vero ,ma sicuramente è in quegli anni che è nata in me ed in molti altri un sano desiderio di riscatto a quei tempi non avevo mai i libri di testo ed allora andavo a casa di Sergio o di Danilo per studiare per questo ora ho più di 2000 libri non tutti letti ma la gran parte si quindi il mio desiderio di rivalsa non è stato danaro ma libri, libri, libri, libri…

DICIOTTESIMA PUNTATA
Non sono più così oggi, ma lo sono stato. Qualcuno si vergogna di certi incidenti di salute, non io che sempre nella vita ho cercato il lato positivo di ogni cosa.
Quale può essere il lato positivo di un melanoma? lo dico subito...
Uno, come me, non ha mai avuto malattie per tutta la vita, pensa o crede di durare per sempre; invece da una macchiolina insignificante arriva il senso del limite. E poiché non ho mai dedicato il tempo che avrei voluto alla pittura, pensando "lo farò" la malattia TI dice "fallo e fallo subito"; così per 6 anni ho rinunciato alla mia altra passione: LA CUCINA. Ho prodotto più di 150 tra disegni e quadri e mai ho fatto scelta migliore, anche se il mio ristorante IL MIRTO è stato chiuso per sei anni e solo da due anni ha ripreso l'attività.
Quindi se finalmente mi sono dedicato alla pittura è merito della malattia. Ecco il lato positivo!

DICIANNOVESIMA PUNTATA
Qui il ritratto non era finito ma lo uso come spunto per l'INCOMPLETEZZA
PENSIAMO AD ALCUNE COSE LE PIÙ BANALI:
FARE LA SPESA, GUIDARE ASCOLTANDO MUSICA, BACIARE, ABBRACCIARSI....
Cose normali, di quotidianità.
Ma io non riesco a non pensare che, miliardi di anni luce di distanza da noi, due ammassi di galassie hanno impiegato milioni di anni per scontrarsi è produrre la MATERIA OSCURA; La Chiamano così perché non sanno cosa sia.
Io credo che, se questo non ci riguarda da vivi o da morti, allora noi non siamo nulla.
Riflettete su questo, quando litigate per SALVINI O RENZI.
Noi siamo parte di questo, e prima o poi spero che essere parte del tutto, il vero tutto, quello che la nostra piccola mente non riesce a raccogliere, ci riguardi.